記事一覧

ホーム > マイホーム創り応援ブログ > ご案内・お知らせ > ショールーム紹介

ウッドワンのシステムキッチン2012年07月27日(金)

今日はウッドワンの名古屋ショールームを見てきました。
今回は建材メーカーさんとして有名なウッドワンさんのキッチンの紹介です
ファイル 544-1.jpg
ウッドワンさんのキッチンは他社のキッチンメーカーさんとはデザイン的にもかなり独自性があります。
ファイル 544-2.jpg
扉のデザインも無垢の板材を特殊加工して水廻りでも問題がございません。
収納もあえて開き扉にしたり、取っ手のデザインも相まって面白いとおもいません?
ファイル 544-3.jpg
水栓もこの商品はカタログ掲載の商品です。使い勝手はともかく可愛い水栓ですね!
ファイル 544-4.jpg
当然、家電収納、食器棚も同じテイストになります。扉や床材もキッチンにあわせてトータルコーディネイトできます。さすが建材メーカーさんですね!
ファイル 544-5.jpg
ホワイト系のキッチンもとても可愛く、若い奥様にお勧めです。
ファイル 544-6.jpg
食器洗い乾燥機のセットや引き出しタイプの収納ももちろんございます。
ファイル 544-7.jpg
ウッドワンのシステムキッチン中々お勧めですよ!

サンウエーブのキッチン「amiy」を見てきました。2009年09月10日(木)

大林です
今日はサンウエーブのNEWキッチン「amiyアミィ」の紹介です。

サンウエーブ名古屋ショールームにて発表会があると言う事で早速見に行ってきました。



ファイル 465-8.jpg
本日の目玉は「amiy」といって以前あった「BMプラス」という商品の後継商品になり、
BMプラス同様、価格的には一番お買い求めやすい価格帯になっています。
よく、サンウエーブさんのシステムキッチンを紹介させて頂くとき、まず最初に収納力の良さをお話します。
「パタパタくん」等に代表される便利な収納は実際設置していただいたお客様からも大変ご好評頂いております。しかし、残念ながらBMプラスには一部の機能だけに限られていました。(ミニパタくんのみ)
しかし、今回のアミィにはパタパタくんの選択も可能になり、このクラスでは抜群の収納力と機能性に優れたお買い得キッチンですね!

▼「パタパタくん」とはキッチンの引き出しの前面部分がポケット収納になっており、
よく使う道具の出し入れにとても便利な機能です。ドアポケットがパタパタと開くのでパタパタくんというネーミング??・・・だと思います。
ファイル 465-3.jpg
ファイル 465-2.jpg

ファイル 465-4.jpg
▲まずはミニパタくん仕様
ファイル 465-5.jpg
▲こんな感じで開きます。意外と他のキッチンではデッドスペースになっている部分なんです。
ファイル 465-6.jpg
▲こちらが今回、目玉のパタパタくん仕様のアミィです。
ファイル 465-7.jpg
▲包丁やおたま、さらにサランラップまで収納できます。これは助かります。もちろん通常の引き出しにもなります。
ファイル 465-1.jpg
▲こちらの扉のカラーはライムグリーンになります。扉のカラーバリエーションも豊富ですので迷いますね!

今回、見終えての個人的な感想ですが、
「ついにサンウエーブが本気を出した」と言ってもいいぐらい、攻めのキッチンです!
引き出し機能一つとっても標準設定でショックレスクローズ(閉めたときの衝撃をやわらげる機能)を設けており、さらにグレードアップも可能にしています。
一般的なこの価格帯のキッチンでは珍しいくらいお客様に色々な選択の幅をもたしていますので、予算に合わせてお気に入りの組み合わせが幅広く可能になりました。
とにかくキッチンメーカーが遺憾なく実力を見せ付けたと言ってもよい二重丸の商品だと思います。

・・・・少しほめすぎましたが、まずは一度実物を見ていただくことをお勧めします。

参考リンク
http://www.sunwave.co.jp/products/kitchen/amiy/


IHを体験する!2008年10月13日(月)

大林です
先日IHの調理体験をしてきました。

皆様にオール電化を勧めたり、IH調理器を勧めているのに私自身が最近のIH調理器の実力を知らないのはまずいと思い、仕事の合間を縫って行ってきました。
・・・・決してサボっていたわけではありません(汗) あくまでも勉強です

 ファイル 323-1.jpg
▲場所は中部電力さんの中営業所です。明るくて開放的な場所です。

 ファイル 323-2.jpg
▲今回色々と教えて頂くこと担った担当の山田さんです。

 ファイル 323-3.jpg
▲今回、使用したIHはパナソニック製です。非常に使いやすく表示も見やすいです。
天ぷらの油を180℃にセットして加熱中です。
 
 ファイル 323-4.jpg
▲揚げ物開始!

 ファイル 323-5.jpg
出た!IHならではの裏技!最初に食材を入れたとき、油が飛んで周りが汚れるのを防ぐ為、いらない新聞紙をのせます。ガス調理器ではもちろん燃えてしまいますから×

 ファイル 323-6.jpg
▲さらに連続技!先ほどの新聞紙と油取り紙を重ね鍋のすぐ横にセットします。

 ファイル 323-7.jpg
▲その上に揚がったコロッケのせていきます!
これならわざわざ油切り用の受け皿を用意することないですから洗物も減りますね!
コロッケも見事、きつね色にこんがり揚がりました。

 ファイル 323-8.jpg
▲私、料理は全く出来ない事はないのですが、揚げ物は苦手でした。
しかしこの、余裕の表情!結構楽しい!

ファイル 323-9.jpg
▲揚げ物中にセットした鮭の切り身も焼きあがりました!
タイマーをセットして13分。その間一度も確認することなく、焼き上がりお知らせ合図でOK

ファイル 323-10.jpg
▲野菜炒めも作りました。火力が強く、フライパン全体に火が通るので炒め物も楽チンでした。

ファイル 323-11.jpg
▲ざっと3品、あっという間に出来上がりです!

ファイル 323-12.jpg
▲調理器廻りがあまり汚れないですから片付けも簡単。
もし、噴きこぼれ等で汚れがこびりついても、家庭用のクレンザーをサランラップを丸めた物につけて簡単に擦ればすぐ綺麗に戻ります。(通常の汚れは拭けば簡単にとれます)


~IH調理体験え終えて~
今回IH調理器の体験をして私が感じたよい点、気になる点を私なりにまとめてみました。

(良い点)
ガス調理器に比べて断然!料理がスムーズに運ぶ気がします。まず、汚れないというのが私は嬉しかったですね、揚げ物とか終わった後ってベタベタになるじゃないですか?後片付けが一番面倒なのは奥様方も一緒だと思いますのでこれはありがたいです。

肝心な仕上がりのほうは、これもまったく問題ありません。揚げ物は外はこんがり中はホコホコ、魚の切り身も一度もひっくり返すことなくグリルの中を確認することもなく不安でしたが、しっかり火が通り美味しかったです。炒め物も食感にべたつきは全くありません。

そのほか火力が強くお湯もあっという間に沸きますから、調理時間が短縮します。さらに火は使わないから安全。燃え移りを気にする事がないので写真のような使い方も出来ます。
気をつけて欲しい点は鍋を直接触れば熱いので火傷しないようにといったことぐらいでしょうか?安心による過信が一番怖いですね。

〔画像〕電磁波と電磁界のちがいアイコン
(気になる点)
なかなかの優秀な調理器ですが全く問題が無いわけではありません。
まずはコストです。全体的にガス調理器に比べて購入価格が高くなります。

●参考価格●
ガス調理器 実勢価格で¥100,000~¥210,000(リンナイ製 ビルトインタイプ単体価格)
IH調理器  実勢価格で¥140,000~¥280,000(パナソニック製 ビルトインタイプ単体価格)

やはり3割くらい高いという感じです。しかし、ランニングコストは電気代ガス代ともほぼ変わりません
(※電気料金の契約プランによって違います)

その次に安全性ですが、電磁波の問題が取り沙汰されますが、以下の資料を参考にして下さい。

  http://www.chuden.co.jp/electrify/qa/a32.html
中部電力の見解では人の健康に影響を与える事はないレベルとされています。 但し、ペースメーカーをご利用の方には誤作動の恐れが全くないとはいえませんので、一度お医者様に確認される事が必要になってきます。 

(最後に)
現在、新築住宅のオール電化の割合は確実に増えています。実際便利ですし、料金プランさえ上手く利用すれば年間¥75,600も節約※できるといった試算も出ています。(※エコキュートを使用)又、金利優遇のサービス火災保険の割引もありますので検討してみる価値は間違いなくあるのでは?

今回の体験はオール電化の中で特に気になっていたIHの実力を確認する事ができてよかったと思います。やはり「百聞は一見にしかず」ですね!IHの性質をフルに生かした調理法を身につければ「料理が楽しく、美味しく、そして安全に!」なんです。これだったら、私も料理がもっと好きになって上達するのでは!?

・・・・って男一人それもどうかと(涙)

という事で最後まで中部電力の下請けのように宣伝させて頂きました(笑)
http://www.chuden.co.jp/electrify/
当社でも新築オール電化、リフォームやってますから是非お問い合わせを!
 

Panasonicショールームに行ってきました。2008年10月09日(木)

おはようございます大林です
久しぶりのブログアップでごめんなさい。

矢島君のブログにもありましたが、昨日試験に行ってきました。
「損害保険募集人試験」
・・・・・・?
何の資格??

試験を終えたいまでも良く理解が出来ていませんが、保険の勧誘行為も資格が必要なんですね~
何とか合格したみたいなんですけど、正式な合格発表があるまでは浮かれないようにしないと・・
しかし、久しぶりに勉強(一夜漬けですが)ぐったりです。


さて、話は本題にはいりますが、
先週の土曜日に松下電工の・・・あっ、名称が変わりPanasonicのショールームにいってきたのですがNEWキッチンの仕様を確認、大きく変わったのが以前の商品体系がガラリと変わり「リビングステーション」という一つのシリーズとしてその中でSとLの二つのクラスを設けて、さまざまなシステムが組めるようになりました。

Living Station

低価格なシリーズでも見た目はかなり上質なキッチン仕様も可能で、自慢のトリプルワイドIHもどちらのクラスにもシステムを組めます。
キッチン外観の印象はデザインを深沢直人がプロデュースしていることもありシンプルで落ち着いた外観になっています。ラグジュアリーとして存在感を際立たせるというよりは、空間の中になじみ易いように配慮がされています


写真はイメージです。

Designed by Naoto Fukasawa (深澤直人 プロダクトデザイナー)

 このところのキッチンはリビングの主役というコンセプトのものが多く、家族のみんなが集まるシンボルみたいな役割を担っていたのですが、そういった流れからさらに進化して、よりラグジュアリーとしての完成度を高めていこうという発想だと思います。
ただ、残念ながらショールームの雰囲気がこういったキッチンを埋没させてしまっている感もあり、もう少し展示のしかたも工夫があればこのデザインも生かされると思うのですが・・

ファイル 322-2.jpg


肝心な機能ですが、収納に関しては特筆する事はあまりありません、引き出しのスライド幅はグレードによって全く違いますから気をつけて見て欲しいと思います。
 

電気機器はさすが世界の松下(Panasonic)!IH調理器も食器洗い乾燥機も高い物はいいですね~(笑)
トリプルワイドのIHは実際使いやすいかどうかは別として時代の進化を感じました。オリジナルのワイド幅なので今のところパナソニックのキッチンでしか搭載出来ないのが残念です。
(20年後くらいに故障したとき同じ大きさのものがなくて交換する物が無くなっていたらどうしようと思うのは私だけでしょうか?)
ファイル 322-3.jpg


最後に今このブログをカタログを見ながら書いているのですが、商品のラインナップが少しわかりづらいのが残念です。実際ショールームに行ってきたからイメージはつかめますが、組み合わせが複雑で間違えやすく、お客様が勘違いする可能性も考えられます。提案する人が余程熟知していないとと価格との兼ね合いで思ってたものと違うキッチンが付いちゃいましたなんて事があるかもです。
また、パナソニックさんのショールームは総合メーカーなので、何でもあって便利なのですが、悪く言えば専門性がないスーパーマーケットみたいな感じのところがあります。こだわりのキッチンをお探しの人には少し物足りなさを感じるかもしれません。

少し辛口になりましたが、家を建てる又はリフォームをされる前に漠然とした理想や楽しみってありますよね、より現実的にイメージしていただくのには、パナソニックのショールームに行かれるのはお勧めです。自分の中に新たな拘りの発見があるかもしれません。今回はキッチンだけの紹介でしたが、お風呂やトイレ等の他の水廻り商品、フローリングや建具等の建材製品、外壁や屋根もありますしもちろん照明器具の提案もあります。なかなかトータルでそろっているショールームはありませんから楽しいと思います。もちろん私が案内する事もできますので是非お問い合わせを!
ファイル 322-4.jpg
▲システムバス(すごい柄のパネルです)
ファイル 322-5.jpg
▲洗面化粧台
ファイル 322-6.jpg
▲トイレがトイレをあらうーの!

余談ですが私が生まれて一番最初に見に行ったショールームはパナソニックさんでした。そのときはまだ子供でしたけど、その華やかさが今も私の記憶の片隅によいイメージで残っています。今回は、そんな感傷に少し浸りながらで、とても楽しいひと時でした。

ショウルームマップ

2008/04/04 ショールーム体験日記③2008年06月12日(木)

ランドの大林です

「ショールーム体験日記」

第三回目は名古屋市中区錦1丁目にあるINAX名古屋ショールームさんです
6月14日のリニューアルデビューに先駈け早速!行って参りました。
 http://www.inax.co.jp/company/news/2008/040_showroom_0609_234.html
今回は関連業者様への先行お披露目という事だったのですが、展示場内はリニューアルされたショールームへの注目の高さにを裏付けるかのような人の多さにで、熱気に包まれていました。
ファイル 162-3.jpg

INAXさんといえばいまさらながら説明することもない有名な衛生陶器、住宅設備機器の会社です。
(INAXさんの会社概要はこちらで確認してくださいhttp://ja.wikipedia.org/wiki/INAX

3月24日(月)から6月13日(金)まで約3ヶ月、名古屋のショールームは改装の為休館していましたので、満を持してと言うよりやっと出来たかという感じでしたが、以前のINAXのショールームを知っている私からするとかなりの変わり様にビックリしました。はっきり言って以前はゴチャゴチャしてて見難いし、雰囲気も決して良いとは言えなかったのですが、今回の変わりようを一言で言うと
「垢抜けました」 (笑)
ファイル 162-2.jpg
有名なインポート家具のショップのような佇まいでインテリアも落ち着いた雰囲気でまとめてあり、少し敷居が高くなった感じも。。。これが良いのか悪いのかは別として、実際オープンしてお客様の反応が楽しみです。



展示された商品で特筆すべきは新商品の「レジオREGIO」でしょうか、INAXトイレのハイエンドモデルになり新機能としてサイレントストリーム洗浄(何だかすごいネーミングです・・)というエアドライブ方式を使用、深夜でも洗浄音が静かでその上、節水。更にリラックスミュージックや除菌イオンによる空気浄化機能など、これでもか!!っていうぐらい贅沢な便器に仕上がっています。
ここ最近、「トイレをくつろぎの空間に」ということでスペース自体にゆとりを持たせ、デザインも清潔感を第一といったものよりリビングファニチャー化したものが増えています。もう便所という呼称は消えつつありますよね、今はレストルーム言うのが相応しいのかもしれません。
ファイル 162-4.jpg
私個人の感想としてはとにかく黒の便器にビックリ!! 昔ならありえない色ですが最近は黒の水廻り商品も増えました。衛生面での問題は機能が充実した事により改善された事も大きいですね。ただし、私は古い人間ですから違和感がありすぎてダメです・・・
全体の形状はサティスと比べると便座が大型ワイド(横)になり、かなりどっしりした感じになってます。他のメーカーだと松下電工のアラウーノ等もそうですが今後、こういった横ワイドで座り心地を重視した形状が増えるかもしれませんね。
ファイル 162-5.jpg
▲つや消しで存在感はありますが・・・
ファイル 162-6.jpg
▲何はともあれ話題にはなりますよね。価格はこのタイプで定価¥530,000(税別)です!!
ファイル 162-9.jpg
▲紙巻機やリモコンもこだわってます。ちなみにトイレットペーパーまで黒!
ファイル 162-7.jpg
▲最近は便器もカラフルです(サティス)
ファイル 162-8.jpg
▲普通の便器もあります・・ちょっと安心。


そのほかの展示で気になったのは以前よりもキッチンに力が入っています。主力のイストやグランピアッセ等INAXさんらしくタイルを組み合わせたカウンターやキッチンの壁など特色が出ています。また当然ながら水栓も充実していますので、是非御覧になっていただきたいですね!
ファイル 162-10.jpg
▲最近はキッチンパネルが主流になりましたがタイルは高級感があります。
ファイル 162-11.jpg
▲優しい感じのキッチンですね
ファイル 162-12.jpg
▲カウンターのタイルは若い女性に好まれそうです。
ファイル 162-13.jpg
▲毎日使う水栓。デザインも使い勝手も大切ですよね



話は変わりますが当社の新築プランではINAX社の商品を中心とした水廻りの組み合わせになっております。洗面化粧台やシステムバス、キッチン等プランの内容は幅広く充実していますので、新築又はリフォームをお考えのお客様は是非お問い合わせ下さい
ファイル 162-14.jpg
▲当社のエコノミープランで使用している洗面化粧台「オフト」です。


今回のショールーム見学の総括ですが、今回のINAXさんの名古屋ショールーム改装に対する意気込みは以前より噂になるぐらい力が入っているということでしたが、噂に違わぬ素晴らしいショールームでした。
但し箱物が良くてもそこで接する人達いかんでは全てが台無しになってしまいます。お客様の生活環境や様式を充分考慮した上で、より快適で安心した暮らしをご提案する。大変難しいことですが設備機器は見た目だけでない部分が大切だと思います。INAXさんは水廻りの商品を全て取り扱っておられます。その分対応も幅広い知識が必要なので大変だと思いますが、期待したいですね。
余談ですが私は個人的にクリナップのショールームが好きです。それはなぜかと言うと、常にお客様のキッチンでのイメージを意識した商品説明をしてくれるからです。(チョッと褒めすぎかもしれませんが・・・)
要するに、いかに住まい造りの御協力をさせていただくかという謙虚な気持ちを忘れない事ですよね。
当たり前ですがお客様が主役なんですから。

何はともあれ、今週の土曜日からオープンします。見所たくさんですから、是非脚を運んでみては如何でしょうか?ご感想若しくは気になった事がありましたら是非教えてください。ちなみに近くにはTOTOのショールームがございますし、松下電工のショールームも比較的近いので比べてみるのにはもってこいかと思います。

ファイル 162-15.gif
▲駐車場もありますのでお気軽に。
















 





今日は2008年04月04日(金)

ランドの大林です


今日のお昼に社長と矢島君と3人でタカラのショールームに行ってきました。詳しい事は「ショールーム体験日記」に書いてありますのでそちらで。
でっ、なぜ、お昼にわざわざ3人で足を運んだかといいますと今日から3日間タカラさんはイベントを開催してまして、新商品の展示を見に行くという大義名分のもとカレーが無料で食べられるという特典に釣られたのが一番大きかったのでした・・・・。

ですが!!

これが中々、皆さんショールーム自体に興味もって頂いたようで、普段行かない場所という事もありましたが説明を受けている内に結構はまってました。社長はホーローのキッチンパネルの良さに関心してましたし、矢島君はショールームの女性に関心を・・・・(笑)


 タカラさんって大阪が本社の会社なので商売上手です、一見派手さも無く地味な展示品なのですが、ホーローという必殺武器を最大限に見せるテクニックはさすがで、ついつい引き込まれます。又、一見地味な色しかないキッチンは売れ筋の色だけしか作らないという実益主義に基づいていて、流行に流されない独自路線なんです。だてにこの業界の老舗じゃないなと思いました。

ちなみに、カレーも美味しくてしっかり頂きました。タカラさんこの度は本当にありがとうございました。

ファイル 99-8.jpg
▲最近のキッチン収納を確認中

ファイル 99-4.jpg

▲ホーロー浴槽の断熱効果の実験では

ファイル 99-5.jpg
▲熱くない!

ファイル 99-7.jpg
▲頑丈な天井と言う事で

ファイル 99-6.jpg
▲びっくり!

ファイル 99-1.jpg
▲社長も興味津々です

ファイル 99-3.jpg
▲ちなみに矢島君は・・・

ファイル 99-2.jpg
▲しっかり名刺交換してました。

明日(5日)、明後日(6日)とイベントは開催してますから是非ご家族で一度覗いてみてはいかがですか!









ショールーム体験日記②2008年04月04日(金)

ランドの大林です

「ショールーム体験日記」

第二回目は名古屋市北区矢田にあるタカラ名古屋ショールームさんです。

春の新商品発表展示会を開催しており、賑わう会場の中、自慢のホーローのキッチン、システムバス等を見て来ましたので、紹介します
ファイル 82-1.jpg

ファイル 82-2.jpg

▲今回商品を紹介して頂いたタカラスタンダード営業の佐藤係長さんです。関西出身で話上手な上に面白おかしく説明をしていただお陰でタカラさんの魅力が十分伝わりました。

タカラさんのショールームはJR・地下鉄・名鉄瀬戸線で大曽根駅下車、三菱電機 北門(矢田町6丁目交差点)より北へ徒歩10分。車ですと国道19号線『山田西』交差点を東へ曲がり直進、JR高架を過ぎ『白山神社北』交差点の角になります。外壁に白のホーローが張ってある明るい感じのショールームです。
まずタカラさんのショールームに行くとホーローの素材をじっくり説明していただけます。マジックで落書きして、火で炙り、木槌でたたく・・・デパートでやってる実演販売のようにお客さんをひきつけます。さすが大阪の商人です(笑) 実際ホーロー製品の寿命は長いんです。こちらのショールームにも38年使用した流し台が展示してありました。
システムバスのコーナーでも震度6強の振動に耐えるというフレームにびっくり!頑強な土台部分と人が乗っても大丈夫な天井、他社さんではない切り口がとても新鮮でした。

ファイル 82-14.jpgファイル 82-15.jpgファイル 82-16.jpgファイル 82-17.jpg
▲黒いのは焦げたわけでなく煤(すす)なので簡単に取れました。

ファイル 82-13.jpg
1966年製造の流し台です
ファイル 82-19.jpg
▲佐藤さんは決してスマートではありません(笑)
ファイル 82-20.jpg
▲ステンレス架台で分散荷重方式(フレーム式)見た目に頑強です。

現在展示してある主な商品を紹介をします。

①システムキッチン「レミュー」「フレア・リテア」
窯変(ようへん)ホーローというタカラさんオリジナルの釉薬を塗り、焼き付けて柄を出したホーローを使用した扉なので落ち着いた色合いが魅力です。
ファイル 82-3.jpg

ファイル 82-4.jpg

②システムキッチン「エーデル・エマーユアルファ」
スタンダードタイプのキッチンでお求め安い価格と、レミューとほぼ変わらない機能性です。扉はもちろんホーローを使用。
ファイル 82-5.jpg

③木製システムキッチン「フェスカ」
特筆はありません(笑)木製扉のキッチンです

④簡単取替えシステムキッチン
流し台から簡単にシステムキッチンに取替えが出来るというリフォーム用のシステムキッチンなのですが、水栓の工事が必要なくサイズも融通を利かせてあります。画期的と言うほどの商品ではありませんが、かゆいところに手が届いた発想と低価格が嬉しいですね。
ファイル 82-7.jpg

⑤システムバス「プレデンシア」
天井、壁、浴槽もホーローですさらに床は御影石、まさしくタカラならではのお風呂です。
床にタイル、石を使用するといった発想はタカラの耐久性の強いフレーム技術だから可能なんです。ホーローの浴槽も思ったほど冷たさを感じさせません。
価格は1坪¥1,033,00~
ファイル 82-8.jpg

ファイル 82-9.jpg

⑥システムバス「ルシエール」「レラージュ」
天井、壁がホーローで浴槽はアクリル系の人工大理石、床は磁器タイルです。
価格は1坪でレラージュが¥618,000~ ルシエールが¥725,000~
ファイル 82-10.jpg


⑦システムバス「エメロード」
天井、壁がホーローで浴槽はカラーステンレス、床は磁器タイルです。カラーステンレスの浴槽は見た目はチョッと微妙ですが、保温性も充分工夫されていてある意味他社に無いオリジナル感があります。
価格は1坪¥502,000~
ファイル 82-11.jpg


⑧システムバス「ミーナ」
浴槽と床がFRPと人工大理石のどちらかで、天井、壁はホーローです。一番お買い求め易いシリーズです。
価格は¥310,500~


⑨ホーロー洗面化粧台
人工大理石のボウルとホーローのキャビネットの物やホーローのボウルのものもあります。スタイルは他社の洗面化粧台と同じ壁付き水栓とでフラットなカウンターで特筆はありませんが、環境的に湿気やカビが発生しやすい場所なのでホーローは向いていると思います。
ファイル 82-12.jpg

(感想)
「ホーロー=タカラ」のイメージをかなりのユーザーが持っていらっしゃると思います。実際タカラさんがホーローを使ったシステムキッチン、システムバスの開発企業であり、他のキッチンメーカーがステンレスが主体なのとは一線を画した存在ですね。
ホーローの良さを簡単に説明すると~
①傷に強い
②火に強い
③汚れに強い 
④鉄とガラスの無機質素材だからホルムアルデヒド0ゼロ

素材は誰もが認める耐久性のよさです又、金属なので、有害物質の発生は0ゼロというかなり優等生な材質なんです。ただし、木製や樹脂系の素材に比べると非常に重いのが欠点で、システムバスの場合さらに浴槽にお湯を貯めますからかなりの重量になりますので階上の施工は制限されます。キッチンも丁番にかかる負担が大きくなりますから特に吊戸棚は後々不具合が発生する可能性があるかもしれません。
どんな素材でも長所があって短所もありますので一概に判断は出来ませんが、欠点を補って余りあるほどホーローという素材は魅力があるんじゃないかと私個人としては思いますが・・。
今回のショールーム体験は当社の社長と矢島君も一緒でした。一番興味があったのがホーローの壁用に磁石で出来たアクセサリーで好きな位置にペタッ!これは本当に便利です。ある意味ホーローの良さはココだったりして(笑)
ファイル 82-18.jpg

▲キッチン用から浴室用までバラエティー豊富です。

では、この辺で今回のショールーム体験日記は終了します。興味をもたれた方は是非一度ショールームへ足を運んでみてはいかがでしょうか!

それでは又次回をお楽しみに!

追伸:このたび丁寧に説明をして頂いた名古屋支店販売課の佐藤係長様、名古屋ショールームの千々石さん、誠にありがとうございました。大変勉強になりました。


下記のリンクをクリックすとタカラスタンダードさんのホームページが確認できます。
http://www.takara-standard.co.jp/index.html

ショールーム体験日記2008年03月04日(火)

ランドの大林です
新築、リフォームをお考えの皆様に、こんなコーナーを設けました!
題して・・・
「ショールーム体験日記」
第一回目は名古屋市昭和区鶴舞にあるナスラック名古屋ショールームさんです。

ファイル 47-1.jpg

ファイル 47-2.jpg
まだ新しくてきれいなショールームです

ファイル 47-3.jpg

今回商品を紹介して頂いた名古屋ショールームの森さんです。

ファイル 47-4.jpg
「クリエスタ」 スッキリとしたデザインで人気のシリーズです
 
ファイル 47-5.jpg
レンジフードは収納式 ボタン押すと出てきました
ファイル 47-6.jpg
スゴイ!
ファイル 47-7.jpg
「クリエスタ モダンウッドシリーズ」ショールームにの入り口右側に展示中!
ナスさんのイチ押し商品です。

ファイル 47-8.jpg

ファイル 47-9.jpg
ステンレスキャビネットの「セスパ」シリーズ
ファイル 47-10.jpg 
まな板立てもステンレス
ファイル 47-11.jpg
排水口まわりもオールステンレス
ファイル 47-12.jpg
最高級シリーズの「ディプロア」シリーズ
ファイル 47-13.jpg 
普通の引出しかと思いきや・・・
ファイル 47-14.jpg
ステンレスの・・・
ファイル 47-15.jpg
調理台スペースでした。もちろんステンレス出来てます
ファイル 47-16.jpg
ステンレスはすごいんです!

ファイル 47-17.jpg
 
収納家具もいろいろと一工夫してあります。
ファイル 47-18.jpg 
分別ゴミもおしゃれに片付けたいですよね!
写真はクリエスタのゴミ収納ワゴンです

 ファイル 47-19.jpg
お得な「クリエライト」シリーズ
他社さんでは中々見られない斬新な扉色です。

(感想)
ステンレスキッチンっていえばナスさんですが、実に拘りのキッチンが多く展示してありました。
全体的には華やかな印象というよりは、中身で勝負している感じがして好感が持てました。
ステンレスへのこだわりから、人工大理石のシンクが無いのもとてもいいと思います。
皆さんご存知でした?

「ステンレスの良さ」
①水まわりに強い
②汚れに強い
③ゴキブリを寄せ付けにくい
④身体にやさしい 

③や④は知らない人が多いのではないのでしょうか、木製のキャビネットは少なからずも接着剤等の使用(F☆☆☆☆)によりホルムアルデヒドは0ではありません、また湿気等に弱いので害虫の住みかになる危険性もあります。
キッチンは食事を作るスペースです。目に見えない部分にモット注目しないといけないですね!
でっ、話は戻りますが、現在展示してあるキッチンの紹介をします。(下へ行くほどグレードが高くなります)
①「ニューグラッセ」 お買い得なシステムキッチン。但し木製キャビネットの木製引出です。

②「クリエライト」扉のカラーが特徴があり、若者向けのお買い求め易いシリーズです。

③「クリエスタ」ナスさんのエース的な存在?なキッチンです。前はクリエグラッセといいました。引き出しの底板にステンレスが張ってあり、このシリーズあたりからナスさんらしくなってきます。

④「セスパ」ステンレスキャビネットの人気商品です。ステンレス好きにはたまらない=(イコール)ナスみたいなキッチンですかね

⑤「ディプロア」高いキッチンです(笑)、ですが扉カラー等無骨にならないようデザイン性も追求した、まさしく究極のステンレスキッチンといったとこですね。

その他にもキラーラ(トータルデザインシステム)シリーズによる家具やユニットバス等、
新築やリフォームにおいて全てに面でバックアップできる内容になっています。

ナスラックさんは元々ナスステンレスと言って名東区一社にショールームがありました。現在は昭和区鶴舞に名古屋ショールームがあります。昔からご存知の人はナスラックと言ってもピンとこない人もいるかもしれませんね、国道41号線沿いに大きな看板が立ってますから分かりやすいと思います。(JR中央線 鶴舞駅(公園口)より南へ徒歩9分)
この近くだとミカドさんやクリナップさんのショールームが近いですので見比べるのもいいと思います。
最後に私が個人的にナスラックのキッチンをイメージで言うと
「THE玄人好みの若年寄」
・・・・いかがでしょうか
ナスさんごめんなさい。

では、この辺で今回のショールーム体験日記は終了します。興味をもたれた方は是非一度ショールームへ足を運んでみてはいかがでしょうか!
ファイル 47-20.gif

それでは又次回をお楽しみに!

追伸:このたび丁寧に説明をして頂いた名古屋ショールームの森さん誠にありがとうございました。大変勉強になりました。


下記のリンクをクリックすとナスラックさんのホームページが確認できます。
http://www.nasluck.co.jp/

クリナップのショールームイベントに行ってきました①2008年02月25日(月)

ランドの大林です
クリナップの新商品の発表イベントが名古屋のクリナップショールームでありましたので、見に行ってきました。ファイル 23-1.jpg
キッチンS.Sシリーズで手を使わずに開け閉め出来るキッチン機能「S.S.サーボ」が目玉商品だったのですが、その他にも昨年末新しくなったクリンレディ等、見ごたえ十分の中身の濃いイベントでした。ファイル 23-2.jpg

その中でも気になったものを2回に分けて紹介します。
まずは、S.S.サーボですが、手を使わないで開け閉めが出来る機能を体験しました!
私の第一感想としてはまずは、
「かっちょいい~!!」でした。
・・・なんともいい歳した男が冴えない感想ですが、電気ものの便利商品に弱い私としては非常に童心をくすぐられる機能で、足で開けたり肘で開けたり、お尻でも開けられたりちょっとした遊び心もあってすっかり気に入ってしまいました。
・・・・・で、これでは何を見てきたんだという事になりますから、具体的に気になる点をお知らせします。

①まず気になる点は安全面ですが、軽く押すだけで開いてしまう引出しなのですが、2秒以上引き出しに押す力が加わった場合は、引き出しが開かないよう誤作動防止機能が設定されており、体をもたれたまま作業をしていても開くことはありません。
但し小さなお子様がいる家では少し危険な感じはしました。一応対策としては主電源スイッチを調理以外は切るようにということなのですがイチイチ入れたり切ったり出来る人がこの機能に興味を持つかなぁというところです。 「ある日、目を離してたら引出しが全部開いてた。」なんて事があるかもしれません。

②フロアコンテナは手で軽く引いたときだけアシストするようになっており掃除機を当てたり、つま先が当たって開いてしまう事がないような仕組みになっております。これはさすがですね!

③可動は電源が必要なので停電時は作動しませんが開け閉めは通常に出来ますのでご安心を、但し少し重い感じは否めませんでした。女性やお年寄りには気になるかも。

④価格面ですが、通常のS.S.シリーズにプラス10万円でこの機能が付くそうです。一般の家庭の感覚でいうと10万円は正直高い!それでなくてもS.S.シリーズは高いのだから標準で搭載させればいいのになと思います。

⑤このオプションはS.S.シリーズだけの設定なので、クリンレディには付きません!これは非常に残念な事ですが、お客様の反応がよければいずれ同様の設定で付くかも知れませんね。ファイル 23-3.jpg

以上が私が気になった点です。全体的にはこういう便利機能は他のキッチンメーカーにも普及するかもかも?  
料理をする空間をいかに楽しく快適に出来るか突き詰めていくといろんなアイデアが浮かんでくるもんだなと感心しました。私個人としては、いろいろな意味ですごく面白い機能だと思いました。
他にもいろんな意見があるかもしれませんが、やっぱり一度体験して頂くのが一番!ショールームでは忙しい中、実に丁寧に教えて頂けました。さすがクリナップといったところでしょうか、是非お家族で一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

・・・あっ、肝心な事をもう一つ!工事のご用命は是非 株式会社ランドの大林まで!

次回は「クリナップのショールームイベントに行ってきました②~洗えるレンジフード~」についてです。


ファイル 23-4.jpg
今回は当社のお客様も一緒に体験していただきました。ご協力ありがとうございます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ