記事一覧

ホーム > マイホーム創り応援ブログ > ご案内・お知らせ > 新商品 > TOTO スプリノ

TOTO スプリノ2008年05月27日(火)

こんにちはランドの大林です。
今日はTOTOの新しいユニットバス「スプリノ」を紹介します。
ファイル 143-2.jpg

私は今まで個人的にTOTOのシステムバスをよく勧めてきました。
それは、完成度も高いでというのが大きいのですが、それでいて常に新しい試みに挑んでいる感じがと好印象だからです。今回売れ筋NO,1のフローピアが名前も変わりフルモデルチェンジということで、早速名古屋のショールームに行って確認してきました。(今回、カメラを忘れてしまい写真のUPはございません・・・ごめんなさい)

まず、最初に何が変わりましたかといいう不躾な質問に一番にお答え頂いたのが「ソフトカラリ床」です。これは今までのカラリ床の表面の感触がソフトになったもので(そのまんま!!)小さなお子様が床にそのまま座っても感触が優しいから安心。冬は冷たさが軽減され、物を落としても衝撃を吸収するから大きく響く事がありません。
ファイル 143-4.jpg
ファイル 143-5.jpg
▲水はけもGoood!

続いて新しい機能は「ぬめりま洗Ag+」・・・・はい、ダジャレから想像していただけるかと思いますが、洗い場に銀イオン水を散布するといった機能です。なぜ、銀イオンかというと、銀イオンは雑菌の繁殖を抑える性質を持っているからです。(最近市販の洗剤でもそういった商品が出ていますよね)
仕組みは最後に入浴された方がスイッチを押すだけで、カウンター下部のノズルから銀イオン水が噴出すといった具合で非常に簡単です。
実はこの機能が商品化される前はカラリ床はカビが発生し易いというお客様の意見を聞いた事がありまして、カラリ床の構造が問題あるのではないかと疑った事があったのですが、そういった声に機先を制した形での今回の試みです。
ファイル 143-6.jpg
ファイル 143-7.jpg
ファイル 143-8.jpg
但し、ショールームでの説明では石鹸カス等は一度洗い流した上でご使用下さいとのことでした。チョッと面倒かも・・・・

その他、今回初めて現物を確認させていただいたのがフローピアKタイプがそのまま移行したベンチカウンタータイプ(Fタイプ)のシステムバスです。
通常デッキ水栓の部分にベンチを設け水栓はコーナーにまとめて今までの洗い場の固定観念を大きく変えたといってもいい新しい入浴スタイルのシステムバスです。
ファイル 143-1.jpg
ファイル 143-3.jpg
このスタイルにすることによりお年寄りやお体の不自由な方が入浴される場合、今まで水栓や洗面器台があって難しかったのが、腰を下ろした状態で横滑りで入浴が出来ます。

今回ざっと簡単に紹介させていただきましたが、このほかにもタイプの選定や浴槽の選定も組み合わせが豊富ですし、人気の「魔法びん浴槽」、すっきりした「フラット天井」等機能もビジュアルも充分満足できる出来栄えです。
でっ!気になる価格ですが、今回のモデルチェンジでTOTOさんはシリーズの住み分けをより明確にした感があります。1坪タイプで¥1,090,000(税別)のご提案になりフローピアは100万をきったものもありましたから、少し高くなりました。しかし、上限も抑えてあり(Rタイプで¥1690,000)、基本仕様が充実してるので、割高感は無いと思います。実勢価格は90万~140万くらいを目安にしてください(工事代別)。ちなみに予算的に厳しい方にはバスピアというシリーズがご用意してあります。


最後に、今回お邪魔した名古屋のTOTOショールームですが、場所は伏見にございまして、駐車場も完備していますので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか、すごく綺麗なショールームですしTOTOさんはトイレもキッチンも充実していますので、きっと気に入った水まわりの商品が見つかると思います。
http://www.e-seikatsutoto.com/sr_new/scripts/index.asp